Keychain provides discerning IT architects a clear path forward

デジタル世界で、データの信頼性をどう守るか

データ信頼性・セキュリティを自社独自で実現する開発環境をご提供します。

データ信頼性の管理

企業は第3者にデータ保管を委託する場合でも、データの秘匿性、データの信頼性を維持しなければいけません。

企業は第3者にデータ保管を委託する場合でも、データの秘匿性、データの信頼性を維持しなければいけません。

データセキュリティ

非連続な通信インフラを通ったり、多対多の機器に通信するデジタル世界では、セキュリテイリスクが高まります。企業は、データ自体のセキュリティをどのように高めるか、考える段階にきています。

非連続な通信インフラを通ったり、多対多の機器に通信するデジタル世界では、セキュリテイリスクが高まります。企業は、データ自体のセキュリティをどのように高めるか、考える段階にきています。

他社より一歩先んじるには

自分のデータの著作権、対改ざん性、アクセスコントロールを、自分以外のインフラ上で、どのように解決しますか。低コストに実現するにはどうすればいいのでしょうか。
この課題が解決できる会社は、デジタル世界を他社より一歩先駆けて進むことができます。

自分のデータの著作権、対改ざん性、アクセスコントロールを、自分以外のインフラ上で、どのように解決しますか。低コストに実現するにはどうすればいいのでしょうか。 この課題が解決できる会社は、デジタル世界を他社より一歩先駆けて進むことができます。

「次世代型のデータセキュリティ」が求めらている

今まで企業はインターネットとつながらない物理的なインフラで、データの安全な保管を行ってきました。 デジタル化が進む世界では、企業はインターネットにつながり、データをクラウドに保存し、信頼できる相手かどうか都度確認しながら、オペレーションミスなく通信をおこなう必要があります。 しかし他社に依存するインフラや通信回線上で既存の技術でこんなことができるのでしょうか。 つながるデジタル世界では「次世代型のデータセキュリティ」が求められるのです。 Keychainはブロックチェーン技術を活用し、データの暗号化、対改ざん性、多対多認証を企業が自己完結的に実現できるソリューションをご提供します。金融、製造業、エンタープライズ問わず、様々な業界でご利用いただけます。

Keychain は、金融、製造物流、エンタープライズに対して以下のような価値を提供します:

  • 内部犯によるデータハッキング、漏洩リスクを最小限にします。
  • 情報漏洩によるブランド毀損リスクを、グローバルに最小化します。
  • 既存インフラの整合性を強化しつつ、新規事業の開発を促進します。
  • 新規事業の実用化までの時間が大幅に短縮でき、総合コストが大幅に下がります。

パートナー

JCB
Toppan Forms
Yanmar
CMIC
DARTs
Enabler
Kansai Electric Power Company

受賞歴

特別審査員賞

2017

特別審査員賞

IoTラボセレクション 2017 経済産業省・総務省主催

Fintech グローバル部門3位

2018

Fintech グローバル部門3位

Fintech Award 2018 シンガポール金融庁・銀行協会主催

Keychain symbol

テクノロジー

コミュニケーション

ニュースレターを購読する

受信トレイに毎週送信される最新のニュース、記事、リソース。

© 2022 Keychain Pte. Ltd. All rights reserved.